結城友奈は勇者である スロット アプリ

結城友奈は勇者である スロット アプリ

Bloggerの推奨事項:

  • モッピー カジノ
  • スロットハイエナ立ち回り
  • 秦野 スロット
  • 新台 ルパン 評価
  • カンフー 天井
  • おそらく「二次創作」という概念が薄い層によるものでしょう

     自分以外の人が作ったキャラクターや舞台設定や世界観や物語を自作に持ち込めば他がどんなにオリジナルであってもそれは「二次創作」扱いになります

     たとえば渡航氏『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている

    』の比企谷八幡を自分のオリジナル小説に登場させれば、彼以外の存在がいかにオリジナルであっても「二次創作」扱いになるのです

    会話で触れるくらいならば問題ありませんが

     キャラクターを借りてくるのは「二次創作」だとすぐ判断できる方は多いのですが、世界観を借りてくるのが「二次創作」だと判断できる人はきわめて少なくなります

    あなたも好きかも:バカラ ストラテジー
     たとえばアニメ『ラブライブ!』の音ノ木坂学院を舞台にして別の物語を作る

    あなたも好きかも:南柏 スロット
    一見問題なさそうですが、舞台設定を持ち込んでいるためこれは「二次創作」なのです

    あなたも好きかも:スロット ケーキ
     そこまで厳密に言うなら「剣と魔法のファンタジー」はすべてJ.R.R.トールキン氏『指輪物語』の二次創作ではないのか、と考えられますよね

    でもご安心ください

    『指輪物語』はすでに古典であり、現在では誰もが使えるパブリック・ドメインとなっています

    「剣と魔法のファンタジー」はすべて「二次創作」というわけではないのです

    ただしパブリック・ドメインになっていない水野良氏『ロードス島戦記』や田中芳樹氏『アルスラーン戦記』の舞台設定やキャラクターなどを用いれば、それは完全な「二次創作」になります

     また古典として挙げた『指輪物語』ですが、劇場版の『ロード・オブ・ザ・リング』製作陣が著作権や意匠権を主張してくることもありえますので注意が必要です

    『ピクシブ文芸』はあくまでも「オリジナル小説」(一次創作)のためのサイトです

    他の作品からあれこれ借りてきた小説を投稿すべきではありません

    ですが「剣と魔法のファンタジー」にはエルフやドワーフといった妖精・亜人や、ゴブリンやドラゴンやデビルといった魔物・悪魔が付きものです

    「どうしてもそれらを使いたい」とお思いでしたら、バックボーンとなっている存在意義や定義からきちんと描写しておきましょう

    「ドラゴン」と一言で書くのではなく「翼を生やした巨大トカゲ」のような描写をしてから「ドラゴン」という単語を使えば、「ドラゴン」そのものは同じでも「二次創作」感が薄れてきます