スロット 花 の 慶次 武威 天井

スロット 花 の 慶次 武威 天井

Bloggerの推奨事項:

  • ワンダリーノ ボーナス
  • ミルキィ ホームズ 評価
  • ファンキル 現行
  • ガールフレンド 天国
  • スロット エムズ
  •  五文目は「主人公の行動」の「説明」です

     やはり「描写」が一文入るだけで「とても驚いた

    」と書くよりも具体的になりますよね

    接続詞は極力省く 文頭に「だが」「でも」「しかし」「だから」「そして」などの接続詞を頻繁に書く方がいます

    あなたも好きかも:犬夜叉 パチンコ 信頼度
     しかし接続詞ひとつで「その一文を読まなくても内容がバレてしまう」のです

    「だが」「でも」「しかし」はこれまでとは逆のことを言いますよというサインで、「だから」「そして」はこれまでのことを踏まえて言いますよというサインになります

    あなたも好きかも:ハクション スロット
     本コラムのように「説明」の「文章」を書く場合にはとても有効なのです

    「小説」では、その接続詞を見ただけで残りを読まなくても展開がバレてしまいます

     ネタバレしているのにわざわざ先を読もうとする人は奇特な方だけです

     どうしても必要なものだけ残してすべて削除してください

     そう言われると「なら接続助詞にすればいいんだな」と思う人がいます

     先がバレるという点では接続助詞も接続詞と同様です

    副詞・オノマトペも極力省く「少し」「ちょっと」「やはり」などの副詞や「ドキドキ」「ドカン」「カンカン」などのオノマトペ(擬声語)も極力省きましょう

    「少し」「ちょっと」なら「一分待ってみた」「二、三秒立ち止まる」のように具体的な数字を出したほうがいいのです

     オノマトペは「胸が激しく脈打っている」「大砲の炸裂音が轟く」のように表現に直して「描写」するようにしてください

     副詞もオノマトペも手短に説明するときには役立ちますが、小説で「描写」をする際には手抜きもいいところです