ブラックジャック 2話

ブラックジャック 2話

Bloggerの推奨事項:

  • プレバン ポイント バンク
  • 福岡 スロット 専門 店
  • テスカトリポカ グラブル
  • 0.2ドル
  • 戦国 乙女 2 中押し
  • そこから出られるのは、全て終わったときだけ

    どれだけおまえが準備をしていたと言っても、戦いようがない」 言い合い、向かい合い、押し付け合い、でも最終的には噛み合っていく

     もうラスティアラは安心した表情をしていた

     また両手を動かして、伸ばしていく

    あなたも好きかも:ベルセルク スロット ベヘリットポイント
    『自信あるんだ

    ……だから、私は読書して楽しみながら、カナミが勝手に負けるのを待ってる

    子供の頃みたいに、お部屋の中で大人しく待ってるだけで、私はいい』 ただ、今度は抱き締めない

    あなたも好きかも:パチンコ ワシントン中央
     代わりに、魔石を持っている僕の手に、その白い両手を重ねて、包み込んだ

     未だ感触はない

     しかし、その魔石を握った手が、ゆっくりと『ラスティアラ』に動かされているような気がした

     ゆっくりと手が次元の壁を突き抜けて、『持ち物』の中に沈んでいく

     舞台から降りるかのように、ラスティアラの魔石(たましい)が遠ざかっていく

     それに僕は抗うことなく、その別れの瞬間を、見送っていく

    「ああ、部屋で待っててくれたら、それでいい……

    おまえはそこで静かに、誰もが『幸せ』になる日を待っててくれ……――」『うん……