いん かじ

いん かじ

アシュトラとマウアウだけが魔王の杖の使い手たるセツナを滅ぼさんとしているのであればまだしも、神々が魔王の杖を敵視する理由がほかにあるのであれば、知っておくべきだった

知ったからといってどうなるわけではないが、知らないでおくよりはいいだろう

あなたも好きかも:パチスロ業界の今後
 無知は、罪だ

《神とは、神属とは元来、不変のものだ

あなたも好きかも:ラスベガス カジノ 売上
不滅にして、不壊

絶対無敵の存在なのだ

人間の祈りによって生まれ、人間を祝福するために存在する我らは、人間の祈りが絶えぬ限り、滅び去ることはない

あなたも好きかも:バッファロー・ハンター
たとえどのように苛烈な攻撃に曝されようと

それこそ世界を滅ぼすほどの力を叩きつけられようと、我らは滅びぬ

祈りある限り、我らは存在し続ける》 マウアウがさり気なくいってきたことこそ、神の本質なのだろう

 ミヴューラも、ひとびとが救いを求める声によって示現した存在だった

救いを求める声とはすなわち祈りだろう

祈りによって顕現し、祈りによって力を増大する――それが神々の本質なのだ

故に祈りある限り不滅の存在であるというのだ

そして、一度信仰が始まった神の祈りが絶えることなど、そうあるものでもあるまい

何百年、何千年と生き続け、存在し続けるのだ

《だが、魔王の杖だけは、違う