ウィリアム・ヒル

ウィリアム・ヒル

「とりあえず話だけでも聞いてもらえませんか?師弟の交流はまた今度していただきたいんですけど」「・・・そういうことだ

話だけでも聞いてくれ」「・・・わかった

話だけは聞こう」ようやく話をする体制が整ったところで康太は小さくため息をついて事情を説明しだす

最近精霊術師を狙った誘拐が起きたこと

あなたも好きかも:スロット 基礎 知識
倉敷もその被害に遭いそうになったこと

組織立った動きであり、背後に何らかの組織がいること

あなたも好きかも:スロット ハマリ台
精霊術師に対して注意喚起を促していると同時に、精霊術師の行動やコミュニティを把握し、その誘拐犯を捕まえたいと考えていることなどを話した

そしてこれが康太個人の考えではなく、日本支部の支部長の考えであり、日本支部としての行動理念であることも説明していた

あなたも好きかも:スロット 規制 最新
未だ本部にこの情報を上げたかは怪しいところではあるが、注意喚起くらいはしているだろう

問題はその情報がどの程度漏れる可能性があるかという話である

今回の背後にいる組織が、今まで相手にしてきた組織である可能性もあるが断定はできない

その辺りの話はせず、あくまで今回は支部として動いているという話をすると、倉敷の師匠は難しい顔をしてから倉敷の方を見る

「大まかな話は理解したけど・・・こいつが魔術師を倒したっていうのは信じられないな

こいつは精霊術師だぞ?」「事実です

実際、倒した魔術師を俺のところに連れてきました

情報はその魔術師から得たものですから

実際に戦ったところを見たわけではないのでどのような経過があったのかは知りませんが」そういいながら康太は倉敷の方を見る

倉敷が当時どのように戦い、どのように勝利したのかは倉敷しか知らない

そのあたりを康太は知らないためあくまで知っていることを話した