ブラックラグーン スロット 中古

ブラックラグーン スロット 中古

Bloggerの推奨事項:

  • リゼロ スロット 前兆
  • ドラクエ11 カジノ スロット
  • ガールフレンド 天国
  • coc 気絶
  • 木曽 カジノ
  •  通常は「梗概(こうがい)」の状態が担当編集さんに見せる「企画書」です

     主人公の属性をたくさん作ったり、「なにをする」をできるだけ詳しく書いたり、「どのようにして」を付け加えて「なにをする」を詳らかにしたりする

     たったそれだけで物語の方向性が明確に視覚化されてワクワクできる小説になるのかが執筆前からわかります

    あなたも好きかも:生ダラ パチンコ屋
     これはマンガの大場つぐみ氏&小畑健氏『バクマン

    』においてペンネーム亜城木夢叶の原作担当として活動する高木秋人(シュージン)が担当編集の服部哲に「こんな話があるんですけど」といくつか語って聞かせている場面を思い返していただければわかりやすいと思います

     どんな背景を持つ主人公がどんなことをするのか

    これだけを聞いて第三者である担当編集さんがワクワクしてこないようなら、どんなに巧みな筆致で書いたとしても面白くも楽しくもない作品にしかなりません

    あなたも好きかも:パチンコ コジコジ 設定
     それは小説も同じです

    もし可能なら小説投稿サイトにいくつか「企画書」をアップして「どの話が読みたいですか」と尋ねてみるのもいいかもしれません

    コメントが付いたり、アンケートがとったりと反響がすぐにわかると思います

     もちろん書き手として「企画書」をパクられる可能性を慮り「企画書」は公開したくないと考える方がいて当然です

     その場合は身近にいる人に企画を話してみて「その話面白そうじゃん」という反応が返ってきたものを執筆対象にする手もあります

    こちらならその身近にいる人が小説を書かない限りパクられる危険性も大幅に減らせるでしょう

    あなたも好きかも:石川優実 パチンコ
    最後に 今回は「企画書」について述べてみました

    「企画書」を作らなくても小説は書けます

    ただし将来商業ライトノベルへの進出を考えている書き手の方なら「企画書」とくに「主人公がどうなりたい」と「主人公がどうなった」を加えた「梗概(こうがい)」は避けて通れません

     最初に紙の書籍化をされるとすれば、現在小説投稿サイトに上げている小説になるでしょう