エヴァンゲリオン スロット シリーズ

エヴァンゲリオン スロット シリーズ

Bloggerの推奨事項:

  • ラブホテル&スロット
  • 偽 物語 スロット アプリ
  • ps4 オンラインゲーム 2017
  • paypay 貯める ゲーム
  • セイレーンの髪
  • 「お恥ずかしい話、我々はここに記載されている文字が読めず、行き詰まっている次第なのです」「えっと、精霊言語とか古代言語とかですか?」「いや、どれにも該当しないのだ

    困ったことに……」「とりあえず皆、手に取って見てくれて構わない

    何か気付いたことがあったら、言ってくれ

    勿論、傷付けないでおくれよ」 正直、あまり期待はしていない明るい言い方だ

    あなたも好きかも:マルギン パチンコ 不渡り
    ヒントになりそうな事を気付いてくれれば御の字と言った振る舞いだ

     みんなハイドラスの言う通り、早速本に手を伸ばしページをめくるが、俺はちょっと質問してから見る事にする

    「勇者が大精霊との魔法を記載したと予想するのはわかるけど、普通止めない? 精霊は人間が嫌いなんでしょ?」「確かにその通りだ

    だが私も全部ではないが目は通したが全くわからん

    アルビオも精霊達に聞いたが、わからんとのことだそうだ」「アルビオの精霊達もわからないって?」「うん……」 アルビオは大精霊ではなく、精霊との契約をしているとのことだが、精霊である以上、大精霊との繋がりはあるはずだろう

    あなたも好きかも:パチンコ 保留とは
    それでもわからないというなら、俺には一番の可能性に心当たりがある

    「フェルサ、どうだ

    獣人の言語に何か似たようなものはなかったか?」 胡座をかいて本を見るフェルサは無言で首を振る

    あなたも好きかも:ビッグエクストラ
    他のみんなも不思議そうに悩ましそうに本を見る

     俺も一冊、手に取る

    地下に保管されてたせいなのか魔術的な何かでの保管方法なのかわからないが、傷んでいない