デビル メイクライ x スロット

デビル メイクライ x スロット

Bloggerの推奨事項:

  • dmm マヴラヴ
  • テスカトリポカ グラブル
  • パチンコ の やり方 初心者
  • ガールフレンド 天国
  • 天鳳 個室
  • こっちのワイバーンは……」「ご主人様ご主人様! ワイバーンに乗るですか?」「ああ、来るときはそういう感じだったしな……お前は空を飛んでいくか?」「それもいいのです

    でも、もうちょっといい手段があるのです

    あなたも好きかも:柏 スロット館
    あ、一応言っておくのですけどわたしがワイバーンに乗ろうとしたらワイバーンが緊張で動けなくなるのでそれはできないのです」「いや、聞いてないが……」 竜少女はワイバーンよりも上位の竜、格上ゆえに近づくだけでもかなりの緊張を強いる、それが背に乗っていたとすれば動けなくなるくらいに緊張することだろう

    なので基本的にワイバーンに乗らずに公也の乗るワイバーンに同行して移動する……と思われていたが、どうやら竜少女側か提案があるらしい

    「わたしはご主人様のことを乗せたいのです! そこのワイバーンの背に乗せるのではなくわたしの背にです!」「……いや、流石にそれは

    あなたも好きかも:ジェスター・スピンズ
    見た目的に犯罪的だから」「流石に今の状態で乗せたりはしないのですよ!?」 少女の姿で公也を背に乗せる、というのは流石に竜少女の方も考えてはいない

    あなたも好きかも:パチンコ 吉田 営業時間
    一応力で考えればできなくもないが安定性もないしその状態で飛行するのも難しい

    背に乗せるのではなく抱き着いてもらえば比較的やりやすいがやはり安定性には欠けるだろう

    吊り下げ、というのも一つの手だが安定性はまあまあ悪くないとしても公也に負担を強いるのは竜少女の望むことではない、「わたしにあった時の姿を思い出してほしいのです! わたしの記憶は結構曖昧ですけど、会った時はまだこっちの姿じゃなかったのですよ!?」「ああ、そういえば……」 竜少女の姿は本来は竜の姿が正しい

    人の姿も竜の特徴を合わせた人竜の姿もどちらも彼女の本来の姿であるが、大本のベースの姿は竜の姿

    そしてその大きさ、飛行における人を乗せた時の安定という面でも竜の時の姿がもっともいいだろう

    「それでは戻るのです! ちょっと離れているのです! いえ、わたしが離れるのです!」 とっとっとっ、と公也たちから離れた場所でふわりと竜少女は姿を変える

    みしり、と肉体が変化薄る音がして

    ずわっと光るように肉体が生成される

    今の大きさは本来の起き差の半分ほど、だいたい一メートル半くらいだったがそれが二倍のおよそ三メートルほどの大きさへと変化する

    とうぜんながらそれまでになかった肉体を出さなければいけないのだからそういった変化はあってしかるべしだが……しかし、一体どうやって肉体を生成しているのか

    謎は多い

    もっともだからこその魔物というべきなのかもしれない