パチスロ 回転数 サイト

パチスロ 回転数 サイト

Bloggerの推奨事項:

  • スロット シュタイン ズ ゲート 天井
  • マカオ から 香港 空港 フェリー
  • pso2 ゲイボルグ
  • モンパレハンゲーム
  • パチスロ バジリスク 絆 しんどう じゅ つ
  •  シュタイナッカー少佐は、再度仏軍が攻撃して来るに違いないと読んで砲兵の援護を要請し、後方からはこれに応えて重砲第3中隊の1個小隊が送られ、そのクルップ6ポンド野砲2門は急ぎレ・コテルの部落に曳き入れられました

     ここに仏軍は前回に倍する兵力を以て攻撃前進を開始し、砲兵はこれを迎え撃つため部落の前面に出ます

    ところがこの砲兵小隊は、砲前車を外す作業中に急進した仏散兵に狙われて損害を被り、危険を感じた小隊長が後退を命じますが砲1門が泥濘に深く砲架の車輪を沈めてしまい、少なくない砲卒と馬匹を失った小隊(下士官兵7名・馬匹4頭を失います)では残り1門を後退させるのが精一杯となり、残る大砲は仏軍の手に渡ってしまうのでした

     この仏軍の攻撃は強烈で、その砲兵の援護射撃も次第に強まって行きます

     攻撃の重心はヴヌイユ方向(西)に移り、レ・コテルは完全に包囲されてしまいました

    この小部落を3時間に渡って守って来たシュタイナッカー少佐も全滅する前に後退するしかなく、少佐は午後3時、F大隊と共に北側へ突撃して退路を開くとロンクール方向へ脱出しました

    あなたも好きかも:カイジ パチンコ 新台 スペック
    この際に後衛となって部落北郊に残留した数個小隊は、部落を通過して追撃に出た仏のマルシェ槍騎兵の襲撃を受けて壊乱状態となり、普兵の多くは捕虜となります

    仏軍槍騎兵たちはなおも後退する普軍を追撃しますが、ヴヌイユにいた普軍部隊(第56連隊第1、第91連隊Fの両大隊)から猛烈な銃撃を受けて転回し、それでも約50名の普軍捕虜を手放すことなく連れ去って行きました

    あなたも好きかも:カイジ パチンコ 3テンパイ
    レ・コテルの陥落 こうして仏軍はレ・コテルを占領しますが、これ以上前進することはなく、ただ砲兵のみが日没時までロンクールとヴヌイユに向けて散発的で効果の薄い砲撃を繰り返したのでした

    あなたも好きかも:ブラックジャック わと
     普軍は軍団長命令によってヴヌイユを捨て、第39と37両旅団の主力はヴヌイユの東側、デ・ゾム・リーヴルの風車場高地にボーモン街道を挟んで集中展開し、ラヴォ川の北岸では主力砲兵が砲列を敷いて仏軍と対峙したのです

    ※午後4時30分のヴヌイユ~ロンクール付近における普軍の展開○デ・ゾム・リーヴル風車場周辺*街道の西・第91連隊F大隊・第56連隊第1、2大隊*街道の東・第91連隊第1、2大隊・第79連隊第1、F大隊○ロンクール南郊外*街道の西・野戦砲兵第10連隊重砲第3中隊・軽砲第3中隊*街道の東・重砲第2中隊・軽砲第5中隊・軽砲第6中隊・第78連隊第1,2中隊○ロンクール北郊外*街道の西・第78連隊第2大隊・猟兵第10大隊*街道の東・竜騎兵第9連隊第1,2,3中隊・竜騎兵第16連隊第1,4中隊○停車場*街道の東前方・第78連隊第3,4中隊・第10軍団野戦工兵第3中隊*街道の西後方・重砲第5中隊・重砲第6中隊○ボルドー・竜騎兵第9連隊第4中隊・第78連隊F大隊・軽砲第2中隊☆ボーヌ=ラ=ロランドの攻防戦 この日のボーヌ攻撃で普軍右翼(西側)を担った仏第20軍団は早朝、モンバロワとボワコマンからボーヌとバチイイ(=アン=ガティネ)を目標に前進を開始、午前9時頃、その前衛が普第38旅団の前哨線と衝突します

     この日早朝、普第38旅団の前哨線はバチイイからオルムを経てフォンセリーヴまで、およそ6キロに渡って延び、第57連隊とヘッセン(H)ライター騎兵2個中隊が展開していました

    ボーヌの市街地には普第16連隊が宿営し、市街東西両翼の高地には砲兵4個中隊とH騎兵残りの2個中隊、そして工兵中隊が配置に着いています

    ※ボーヌとその周辺の普軍 *第16「ヴェストファーレン第3」連隊(第7中隊欠) *第57「ヴェストファーレン第8」連隊 *H騎兵ライター第2「親衛シュヴォーレゼー」連隊・第2,3,4中隊 *H騎兵ライター第1「近衛シュヴォーレゼー」連隊・第3中隊 *野戦砲兵第10「ハノーファー」連隊・重砲第1中隊、軽砲第1中隊 *野戦砲兵第10連隊・騎砲兵第1,3中隊 *第10軍団工兵大隊・第1中隊 普軍前哨は数倍する仏軍の攻撃を受けるや、無理をせずに後退戦闘を行いつつ砲兵や騎兵の待つボーヌ東西の本陣地へ撤退しました

    この際に仏第20軍団長のクルーザ将軍はレオン・トーントン准将率いる軍団第2師団をヴェルゴンヴィル(ボーヌの東南東2.1キロ)からオルムに掛けて広く展開させ、ボーヌの南郊外全域を包囲するように機動させます

    同時にドゥ・ポリニャック准将率いる軍団第1師団に対し、ボーヌ市街の西郊を北に向かって前進し普軍右翼(西)を包囲するように命じましたが、この師団はバチイイからセザール街道(現・国道D29号線

    セザールはカエサル

    ローマ時代ガリアの街道の一つ)沿道のル・ボワ・ドゥ・ラ・ル(小部落と小林

    ボーヌの西北西2.3キロ)に達して、その東側の小林から出た途端、ボーヌ西の高地上に砲を敷いていた普軍の重砲第1中隊から激しい砲撃を受け、慌ててラ・ル部落へ待避しました