スロット バカボン 新台

スロット バカボン 新台

Bloggerの推奨事項:

  • ドラゴンクエスト11 マジスロ
  • リゼロ 朝一
  • 南国 物語 リセット
  • guraburu gree
  • 天鳳 個室
  • 小百合はいい弟子を持ったものだと、心の底から思いながら

    「お・・・まだやってたか・・・結構しっかり打ち込んでるみたいだね」幸彦が二回目の荷物の運搬を終えた時、康太と奏はまだ打ちあいを続けていた

    康太に本気を出すように仕向けられるも、奏は未だ本気を出そうとはしていなかった

    だがその攻撃は徐々に鋭く、徐々に強くなっていく

    まるで康太に対応しやすいように導いているかのようだった

    「幸彦、あと何回で運び終わる?」「あと三回くらいかな?そっちはどれくらいで終わりそうだい?」「なに・・・なかなか骨のある奴でな

    少しかかりそうだ

    なんなら適当な場所に駐車して真理の奴もつれてこれるだけの余裕があるかもしれんぞ?」「へぇ・・・そりゃなかなか・・・康太君、頑張ってね」悠長に話をしている二人だが、康太はしゃべっていられるほどの余裕などない

    徐々に速度を上げてくれているからこそ康太はギリギリで対応できているが、この変化が急激に行われたらまず間違いなく対応できなかっただろう

    これでもまだ準備運動レベル

    あなたも好きかも:スロット コードギアスcc カットイン
    康太と奏の間にどれほどの実力差があるのかがよくわかる

    反撃するなどという話ではない、防ぐだけで精いっぱいの状態だった

    あなたも好きかも:ギャンブル依存症 パチンコ
    奏は康太の実力を把握しながら、その限界ギリギリを見極めたうえで強引にその限界を引き上げようとしていた

    康太の対応速度はなかなかに早い

    普段から小百合に鍛えられているだけあってとっさの判断に関しては奏も舌を巻くところがあった

    もちろん技術が伴わないために時折無様な醜態をさらすようなところもあるが、それでも奏の木刀はまだ一発たりとも康太に直撃していない

    既に打ち合いを始めて十分が経とうとしていた

    徐々に速度を上げることで康太に対応しやすいようにしたつもりだったが、奏自身ここまで康太が対応できるものとは思っていなかった