ウィングマン スロット

ウィングマン スロット

Bloggerの推奨事項:

  • 戦乱カグラ 解析
  • 逆転裁判 天井
  • ボナンザ カード
  • まどか マギカ 裏 ボーナス
  • スロット オワコン
  • 「それで? オレに用があったの?」「……うん

    ……あのね……」 優樹は鞄の中から紙袋を取りだし、恥ずかしそうにそれを差し出した

    「これ……プレゼント

    ……今日、お誕生日でしょ?」 反町は差し出された紙袋と優樹を交互に見て「……オレ?」と、自分を指した

    「……え、くれるの?」「うん……

    気に入ってもらえるか、わかんないけど……よかったら、使ってください」 目を逸らしたまま少しはにかむと、反町は間を置いて受け取った

    あなたも好きかも:松原 パチンコ
    「……ありがとう

    すごくうれしい」 素直に喜ぶ、その笑顔に優樹も「……へへ」と照れ笑いをし、「……あっ」と慌てて顔を上げた

    「で、でもホント、ヘンなのだったらごめんねっ」「……

    ヘンなの?」「多分……大丈夫だと思うけど」「……、じゃあ、一緒に見よう」 と、笑顔で手を握って引っ張られ、「えっ? い、一緒にっ?」と、導かれながら優樹は顔を赤くした

    あなたも好きかも:パチンコ 脳 麻薬
    「で、でもっ……ホントっ……そのっ……駄目かも!」「すごく楽しみ!」「たっ、楽しみにしないで!!」「期待する!」「しないで!!」 楽しそうな彼を見れば見る程、段々と不安が募っていく

     反町に引っ張られて来たのは、タクシー乗り場から近い校庭の木陰

    ここならあまり生徒たちは来ない

     優樹は困惑げに、手を離した反町を窺った

    「あ、あのっ……ホントに全然気に入らないかもしれなくてっ……」「見てもいい?」 無邪気に問う反町に優樹は「うっ……」と顔を赤くして言葉を詰まらせ、間を置いて、引き攣った笑みで頷いた

     反町は笑顔で青草の上に座り込んで紙袋の口を大きく開け、中を覗き込んでキョトンとした

    なんか……、たくさん入ってるけど?」 顔をしかめて見上げると、優樹は側に座って焦って弁解した