大分 ファン感 パチンコ

大分 ファン感 パチンコ

Bloggerの推奨事項:

  • スロット 旋律 の ストラタス
  • ガルパン バー 揃い
  • パチスロ オワコン
  • モンハン スロット ジンオウガ
  • ランツェナーヴェ
  •  間違いなく、彼女はディアの要望を無視して、街に戻っても「可愛らしいほうの」と頭に付けて呼ぶことだろう

     ただ、名前の部分は理解してくれたようで、「ディア様ですね

    ずっと身体を貸していたディア様……」と繰り返す

     そこに隣のシスが説明を付け足す

    「――つまり、彼女は『巫女』ってことね

    この私、使徒シスの巫女」 いつも通りの上から目線で、ディアの立場を勝手に決めた

    あなたも好きかも:パチンコ 止め打ちしない人
     それにディアは反論する

    あなたも好きかも:スロット 会社 営業
    「は? 俺は巫女じゃない

    ただの手伝いだ」「そういうのを巫女って言うらしいわよ? そう噂されているのを聞いて、採用しただけだから、文句なら街の人たちに言って頂戴」「は、はあ……!? くっそう……、明日からは、顔を隠して治すか」「そう照れなくてもいいわ! 間違いなく、あなたは世界で一番優秀な私の巫女よ! もっと誇りに思いなさい!」「それ、おまえにとって一番都合のいいやつって称号だろうが

    不名誉だから辞退だ、辞退」 滅多にシスは他人を褒めない

     その彼女が、見たことのない優しい顔つきで隣のディアを讃えていく

    「そう思われても仕方ないけど……、口だけのお世辞じゃないってことも信じて

    いま、やってくれている布教の手伝いだけじゃない

    私という魔法《シス》を構築するために、血肉が必要だって話になったときも、あなたは快諾してくれた

    本当に感謝してるわ、ディアブロちゃん」「……別に

    要らない部分だったからな、あの羽

    ……あと、俺がしてるのは布教の手伝いじゃなくて、治療の手伝いだ」「ふっふっふーん! そう言いつつ、なんだかんだディアブロちゃんは、私の手助けばっかりしてくれるから好きよ! 『世界を救う』という使徒の使命の手助けをね!」「使徒(おまえ)の使命の手助けじゃない