パチスロ h.o.t.d

パチスロ h.o.t.d

Bloggerの推奨事項:

  • 佐賀 カジノ
  • 鬼武 者 3 ゾーン
  • スロット 動画 無料
  • paypay 貯める ゲーム
  • スロット オワコン
  • まあ今までの恨みとか、仲間の被害とか、頭を押さえつけられ無理やり従えられていた怒りとかいろいろとあるのだろう

    しかし彼らが竜の王を倒すのはどうしても難しい問題もある

    地に落ちたとはいえ竜の王は弱くない

    勝てるかどうかで言えば彼らは勝てるが、その間に被害も出るだろう

    ブレスだけでも竜の王のブレスは決して弱くはない

    そもそもブレスだけで片を付けようというのもなかなか大変な話だ

    「そういうことみたいなのです」「ぐううっ! なら、今は」「逃がさないのですよ! ご主人様!」「……なんで呼ばれたのかわからない、なんて言わない」「なにっ!? お前は人間」「翼と足!」「ぎゃああああああああっ!?」 公也が竜の王がこれ以上自由な移動ができないように足を斬り、また空を飛べる可能性を減らすために翼も斬った

    逃げるにしてもダメージが大きくこれ以上は無理だろう

    あなたも好きかも:スロット ガンソード 設置
    「さて……竜たちよ、これはわたしたちが倒すのですけど、それでいいですか?」「……本来ならばよくはない

    あなたも好きかも:安来 パチンコ屋
    しかし、我らでは王であったそれを倒しきるのは至難だろう」 竜たちも自分たちでは竜の王を倒しきるのは難しいというのは分かっている

    あなたも好きかも:鉄拳 パチンコ セグ
    できなくはないが後々に残る被害の問題がある

    ゆえにメルシーネたちに任せるしかない……人間に任せる、というのは彼らにとっては納得がいかないところであるが

    「じゃあご主人様、さっさと始末をつけるのです」「……はあ

    まあ、そうだな

    ここまで来るともう仕方がないか

    どのみち倒すつもりは……いや、あったとは言えないが」 公也も別に手加減をしていたわけではない

    というか、そもそも竜たちをまとめ治める王であるはずの竜の王を倒していい物か、という考えがなかったわけではない