パチンコ 7

パチンコ 7

Bloggerの推奨事項:

  • ゴリラ郡山
  • master joker
  • abema 重い
  • ブラックジャック 身長
  • 結城友奈は勇者である 周期
  • 花を育てて、自分の花園でお茶を飲むと癒される」「食器にもこだわりがあって、アンティークとか集めるのが好き

    なんというか…趣味がやや女性っぽい?ねールネちゃ…」「い、いえ…私これでも外見には気を遣っておりますし

    美人だなんてお世辞、日常茶飯事ですわ

    あなたも好きかも:スロット ジャグラー 完全確率
    それよりもっと歯の浮くようなセリフを言われる事もありますし…もっとスマートに女性を褒める事が出来なくてはいけませんわ!」「「……………………」」 なんかブツブツ言ってるのでルネちゃんは無視して、廊下の会話を盗み聞く

    あなたも好きかも:パチンコ カイジ沼3
    『そもそもお見合いなんだから、お前も令嬢に質問したりしなさい

    相手にばかり気を使わせてどうする!』『だって…やっと緊張がほぐれたと言うのに!俺…変じゃなかったかな?』『安心しろ、いつも通り変だったから』『よかった…ほっ』「「『(良くねえ!!!)』」」 どうやら…一筋縄ではいかなそうな相手ですね

    ルネちゃんのお見合いはどうなる…!?

    バティストとオスワルドさんはその後すぐ、澄まし顔で戻って来た

    わたし達は慌てて所定の位置に立つ

    セーフ!! オスワルドさんのお茶はすっかり冷めてしまったので、わたしが新しく淹れる

    ロッティがお菓子を用意していたら…その時…「あ…ヴィヴィエ嬢の侍女殿は双子だったのですか?よく似ておいでですね」 オスワルドさんがそう言うもんだから…思わず女子3人ガクっとした

    今更!!?もう顔合わせて大分経ちますけど!!! どうやら彼は、わたし達の事は「後ろになんかいる」程度にしか認識していなかったようだ

    まあ…そんだけルネちゃんしか見てなかったって事だから、いいんだけどね

     そんな彼は綺麗な所作でお茶を飲む

    しかし…あの顔の下で今もルネちゃんに見惚れてしまっているのだろうか? そう考えると…アカン、ニヤついてしまう…!ロッティとバティストは流石、鉄壁の仮面を被っている

    ただわたしは…んぶっふ

     オスワルドさんは軽く咳払いし、若干頬を染め声を出した

    「こほん…先程は失礼致しました

    質問の答えですが…私は…その