コードギアス パチンコ まとめ

コードギアス パチンコ まとめ

Bloggerの推奨事項:

  • カジノゾンビ
  • フェシュピール
  • ミルキィアタック
  • スロット キング 草加
  • ミッドナイト 最終回
  •  彼の活躍と、彼女の判断が、あの戦争を終わらせた

     あのとき、彼がいなければ、彼女がいなければ、戦いはもっと長引き、泥沼化したかもしれない

     いや、そもそも、セツナがいなければ、戦争に踏み切っていたのか、どうか

    ヒースの救出だけで満足していた可能性も高い

    ヒース=レルガは、ナーレスとの連絡役として必要不可欠だった

    彼さえいれば、ザルワーンに潜伏中のナーレスと連絡を取ることは容易となり、そうなればザルワーン対策は簡単だ

    あなたも好きかも:山 佐 スロット 新台
    隣国ログナーよりもザルワーンのほうに脅威を感じていたレオンガンドにとって、ログナーの情勢に応じて攻めこむという博打に出るよりも、堅実にガンディアを強化し、ザルワーン対策を練ることのほうが急務に思えた

     しかし、現実はまったく違う結果となった

     アスタル=ラナディースが当時ログナーの国王であったキリル・レイ=ログナーに背き、王子への譲位を迫った“飛翔将軍の乱”は、ログナーの支配者であるザルワーンの軍勢を動かした

    ログナー軍とザルワーン軍の対峙は、ガンディアにとってはログナーへの付け入る隙となりえたのだ

    あなたも好きかも:スロット 麻雀格闘倶楽部2 音量調節
    そして、その隙をものにするためには、圧倒的な攻撃力が必要だった

    それが黒き矛のセツナであり、彼の活躍はガンディア人に栄光をもたらしたのだが、ログナー人にとっては絶望に等しいものとなった

     もっとも、ログナー国民の大半は、ザルワーンによる支配がガンディアによる支配に替わっただけだと捉えていたようであり、ザルワーンよりもガンディアのほうがましだと考えるログナー人の割合は多かったようだが

     それでも、ガンディアに対して反発を抱くものはいる

    敵国による支配を平然と受け入れられるほうがおかしいという考えは当然だったし、感情論で反発するのも理解できるものだ

     ログナー王家の一員であったアーレス=ログナーが、ログナーの降伏及びガンディアによる平定をよしとせず、ログナーの都市レコンダールを占拠したことは、そういった反ガンディア的な感情を抱く人々に衝撃を与えたらしい

    さらに、アーレスの行動が無意味に終わったことも、彼らにとっては衝撃的だったのだろう