パチスロ 化け物語2

パチスロ 化け物語2

Bloggerの推奨事項:

  • 偽 物語 スロット アプリ
  • 川崎 スロット イベント
  • バアルゼブル
  • 化 物語 surely
  • リゼロ朝一
  • あなたも好きかも:パチンコ 甘 勝てる台
     いや、理解はできないが、理解したという事にしておく

     これ以上わからないことが増えてしまうと、頭の中がこんがらがってしまうからだ

     そういえば、あの男はどうなったのだろうか

     勢いで殴ってしまったが、あの後どうなったのかはよく覚えていない

    あなたも好きかも:パチスロ モンキーターン3 天井
     扉の方を見てみると、ロストアと言う男はもういなくなっていた

     誰かに運ばれたのだろう

     木幕は目線を天井にくっついている風車に戻す

     一定の間隔で回り続けているこれは、なんとも見ていて面白い

     見飽きはするのだが、どういうカラクリで動いているのかを考えてみると、時間を潰すことができた

     どうせ魔法なのだろうが、という事は置いておいて、現実的に考えて、どうして回っているのかを考えていた

    「……あの~……」 恐る恐る、と言った様子で、この宿の娘がひょこっと隣から顔を出す

     同にも不安が拭えないような表情をしているのが気になるが、それよりも後ろの壁から顔だけ出して、じっと見ている店主の方が気になる

     だが声をかけてきたのは娘の方なので、店主のことは一度放っておく

    「なんだ?」「いやあのっ! え~っと……冒険者……さんでいいんですよね?」「某は今日冒険者登録と言うものを行った

    正式に冒険者と認められるのは明日だ」「ち、ちなみに……ランクは?」「びーだと聞いている」 その言葉に、娘は驚いた様子で木幕を見る

     後ろの店主は青い顔をして、冷や汗を流しているようだ

    「す、すいません! そのようなお方だとは知らず! 父が無礼を働きました! お許しください!」「む? 無礼? ……ああ、態度の事か

    よいよい