五 円 スロット 勝てる

五 円 スロット 勝てる

「どうですか?何かわかりましたか?」康太が資料を読み込んで写真をじっと見ていたら急に後ろから声がする

康太は一瞬身を強張らせてその声の主を視界に収めるとそこには兄弟子の真理が立っていた

康太の手に持っている写真を覗き込むようにこちらの様子を窺っている

「姉さん・・・いつの間に・・・」「つい先ほど・・・随分集中して読んでいたので声をかけるのを少し戸惑いました」ちゃぶ台の上には康太が読んでいた資料に加え、恐らく真理が淹れたであろう茶と茶菓子が用意されていた

あなたも好きかも:そらのおとしもの フォルテ スロット
どうやら集中しすぎて真理の来訪に気付けていなかったらしい

あなたも好きかも:dq5 カジノ
集中しすぎるのも考え物だなと康太は苦笑してしまう

「すいません・・・まさか姉さんに気付かないとは・・・」「ふふ・・・それで何かわかりましたか?随分と熱心に読んでいましたけど」「えっと・・・まだたいしたことは・・・でもとりあえず相手の名前はわかりましたよ」アリシア・メリノス

その名前は康太の中にしっかりと刻み込まれた

相手がそもそも女であるということに真理は驚いたようだが、それでも康太の読んでいた資料を流し読みしてその情報が間違いではないことを理解したのだろう

あなたも好きかも:シグマ パチンコ
ふむと小さくつぶやいてから康太が先程見ていた写真を手に取って悩み始めた

「まだ資料の一部・・・ここからまだダンボール三箱分の情報があるわけですから、手分けしたほうがよさそうですね・・・とりあえず私は二つ目の段ボールから読むことにしましょう」「いいんですか?だいぶ多いですけど・・・」「構いませんよ

康太君にばかり負担を強いるわけにはいきません

これくらいは協力しますとも」爽やかな笑みを浮かべて二つ目の段ボールの中を開いていく真理を見て康太は僅かに目頭が熱くなる