ブラックジャック 葉巻

ブラックジャック 葉巻

もう既に痛覚は存在せず、恐怖もない

あなたも好きかも:今日 パチンコ イベント 宮崎
残されたのは肉体と、俺たちを殺そうとする殺意だけだった

 スコップでゾンビの頭を殴りつけ、金属製の兜もろともひしゃげさせる

潰れたバスケットボールにも似た形の頭に変形したゾンビを蹴り飛ばしつつ、俺は左手に持っていた火炎瓶に瞬時に着火

接近してきたゾンビをスコップの側面で斬りつけつつ、目の前に立ち塞がるゾンビたちの群れに向かって、蒼い炎で着火された火炎瓶を放り投げる

 瓶が割れた瞬間、俺たちを包み込んでいた腐臭が薄くなった

腐った肉が火炎瓶の中から躍り出た燃え盛るオイルに焼かれたせいで、肉の焼ける臭いが紛れ込んでしまったせいだろう

あなたも好きかも:スロット アラジン 天井 恩恵
こちらの臭いならば戦場で何度も嗅いだことのある臭いだ

あなたも好きかも:ディズニーランド 地下 カジノ
 火だるまになりながら崩れ落ちていくゾンビたちの向こうへと、今度はラウラも火炎瓶を投擲

火の付いた火炎瓶がくるくると回転しながらゾンビの群れの中へと落下し、俺たちへと殺到してくる死者の群れを炙(あぶ)る

 炎に包まれたゾンビたちは、呻き声を上げながら次々に崩れ落ちていった

人間の兵士ならば火を消そうとのたうち回るのだろうが、ゾンビたちは魔剣に操られているに過ぎないため、のたうち回るくらいならば動けなくなる直前まで獲物に接近しようとしてくる