zガンダム 評価 スロット

zガンダム 評価 スロット

……あんた、元カノと私たちと、どっちの絆を大事にしたいの?」 鋭い目が心の奥深くをえぐるようだ――

あなたも好きかも:ダンまち スロット バケ
 優樹に不安げに見上げられ、立花は真剣な目で生美を見返した

「……おまえらを大事にしたいに決まってるだろうーがっ」 ふて腐れた低い声に優樹はホッと胸を撫で下ろし、生美はフンッと鼻から息を吐くと問い掛けてきた女子に目を戻した

「全部、元カノのせいよ

立花は溜まってたものを抜いてもらっただけなの」 立花はがっくりと頭を落とし、優樹は「?」と怪訝に眉を寄せ、室内は異様な空気になるが、真顔で告げられた女子は首を傾げつつ顔をしかめた

「でも……立花君はその子としちゃったんだし……

そういう、誰とでもしちゃうような人って、はっきり言って信用なんて出来ない……」 腑に落ちない様子で視線を落とす女子の気配を感じて周りの女子たちにも感情が伝染していく

「関わり合いたくはない」と発する彼女らに、立花は何も言えず俯き、生美は鼻から深く息を吐き出した

「じゃあ、立花がどういうヤツか、教えてあげる」 そう告げるなり、生美は着ていたコートを脱いで制服の上着も脱ぎ優樹に投げ渡すと、リボンを解いて襟元を開け、男子の目を釘付けにさせた

あなたも好きかも:ブラボーキングダム パチンコ
彼女の突然の行動に女子たちは「え!?」と驚き、原田も立花も優樹も慌てて止めに入ろうとするが、「シッ」と犬猫でも追い払うような態度であしらわれてしまって手出しが出来ない

 生美は胸元を開けて深く息を吐き出すと、特定することなく、近くの机に座っている男子の傍に歩み寄った

 じっと見つめたまま近寄られ、男子は「え? ……えっ?」と戸惑うが、机に腰を下ろして足を組んだ生美の短いスカートから見える太もものその奥を見透かすように目を留め、息を飲んだ

「……ねえ」 生美は声を掛けながら軽く腰を曲げた