パチンコ コーヒーレディ 仕事内容

パチンコ コーヒーレディ 仕事内容

Bloggerの推奨事項:

  • インビジブルストーカー
  • スロット 無双 オロチ
  • まどか マギカ 裏 ボーナス
  • ブラックジャック スレ
  • スロット オワコン
  •  ガブレンツは包囲を計る近衛部隊に対し、昨日奮戦したグリヴィック大佐の旅団を使います

    既に定員割れを起こしている疲れ果てた部隊は、味方が退却する時間を稼ぐため必死で防戦に努めました

    あなたも好きかも:パチンコ 循環加工 自作
     オーストリア第10軍団(の残兵)は、この後衛が全滅することによってかろうじてトラテナウから脱出して行ったのでした(これを「ノイ=ログニッツ(別名ブルケルスドルフ)の戦い」と言います)

    オーストリア軍歩兵トラテナウの戦いに参加した部隊☆オーストリア北軍○第10軍団 戦闘員26,000名(以下同じ) 指揮官;ガブレンツ中将 モンデール大佐旅団 6,700 砲8門 グリヴィック大佐旅団 5,700 砲8 クネーベル少将旅団 6,700 砲8 ウィンプフェン少将旅団 6,600 砲8 槍騎兵3個中隊 500騎 軍団砲兵 900 砲40(全体で72)☆プロシア第二軍○第1軍団 32,700  フォン・ボーニン大将 第1師団 14,700 グロスマン中将  第1旅団 パーペ少将 6,100  第2旅団 バルニコウ少将 6,100  猟兵第1大隊 1,000  騎兵 780  砲兵 580 砲24  他 第2師団 14,400 クラウゼヴィッツ中将  第3旅団 トルゼビアトゥスキー少将 6,100  第4旅団 ブッデンブロック少将 6,100  騎兵 600  砲兵 580 砲24  他 騎兵予備旅団 1,250騎 ブレドウ大佐  予備砲兵 980 砲42 因みに、プロシア第2師団の指揮官クラウゼヴィッツ中将は、あの「戦争論」を書いた人ではなく、その甥っ子です

    プロシア王国軍参謀本部総長モルトケ大将が考えていた作戦は、北西からエルベ軍が、北から第一軍が、そして東から第二軍がボヘミアの「ある一点」に向かい、オーストリア北軍に決戦を挑む、と言うものです

    あなたも好きかも:十文字 ぱちんこ
     そのある一点とは「ギッチン」

    ジチンとも呼ばれるプラハ北東70キロにある現チェコのイチーン市でした

     エルベ軍によるヒューナーヴァッサー(ギッチン北西45キロ)や第一軍によるポドル(ギッチン北西20キロ)の戦いもこのギッチンを目指す行軍中に起きた戦闘でした

     モルトケの「分進合撃」は斬新で、当時の軍事常識の逆を行くものであることは指摘して来ました

    この後どうなるか知っていて、快適な部屋の中でネットを見ながらコーヒーでも飲んでいる「神視線」の我々と違い、実際に半信半疑で戦わされるプロシア軍将兵や指揮官はさぞ勇気が必要だった事でしょう

     この作戦概要が伝えられると指揮官から異議や反論が相次ぎ、分進は止め、シュレジエンに全軍を集め、東からヨセフシュタットやケーニヒグレーツの要塞地帯を集中攻撃すべし、との意見が聞こえて来ました

    当然ナポレオンの事績が色濃く反映した意見です

    指揮官たちは50歳から70歳代が多く、ナポレオン戦争に若い駆け出し士官として参戦した者も多かったので、その呪縛が解けないでいたのです

     しかし参謀本部とモルトケは、鉄道と電信と言う文明の利器を使用するプロシア軍は各個撃破される心配はない、としてあくまで分進合撃を主張、国王ヴィルヘルム1世の裁可で作戦が決まったのでした

     とは言うものの、開戦から十日で発生したイタリアでの「クストーザの戦い」で「外線」の分進合撃が「内戦」の各個撃破に敗れたことは、ナポレオン時代を彷彿とさせる出来事で、指揮官や参謀たちでさえ不安を覚えたのではないかと思います

    その衝撃を噛みしめる間もなく彼らの番がやって来ます

     「ナーホトの戦い(別名ヴィソコフの戦い)」は1866年6月27日、プロシア第2軍・第5軍団がオーストリア北軍・第6軍団と戦った戦闘です

     現在はチェコの町、ナーホトはポーランドとの国境の町です