マイケルジャクソン パチスロ

マイケルジャクソン パチスロ

Bloggerの推奨事項:

  • カグラ 解析
  • 偽 物語 スロット アプリ
  • 高射幸性パチスロ機 リスト
  • 南国 物語 リセット
  • 化物語 スロット 攻略
  • 後にいる小百合と真理は木の陰に隠れさせ、戦力にならないかのような行動をとらせている

    一番弱く、なおかつ手札の少ない康太が真っ先に相手に認知され、なおかつ戦力になっていると思わせることが重要なのだ

    そしてここからが一番の肝である

    康太は今まで習ったような槍術ではなく、無茶苦茶に槍を振り回し相手への攻撃、というより牽制を行う

    どうやら相手も武器を使って実際に戦闘する機会は少なかったようで、ナイフや棍棒で槍を防ぐのではなく大げさな回避運動をとって康太の攻撃を回避していた

    どうやら康太と小百合の予想は完璧に的中したらしい

    相手に確実に見られている状況でまず間違いなく使い捨てと思われる魔術師がやってきた

    あなたも好きかも:スロット バキュン
    しかも周りに他の魔術師の気配がないことを考えるに単騎での攻撃

    相手もそれだけ慎重になっているという事だろうが康太たちからすれば好都合だった

    あなたも好きかも:パチスロ 獣王 王者の覚醒
    そこから先ははっきり言って泥仕合のようなものだった

    あなたも好きかも:グラブル カジノ high score
    攻撃して回避して、時に足場の悪さで転ぶ振りをして隙を作り、ギリギリのところで相手の体を思い切り殴り、無茶苦茶な動きで武器を取り上げて馬乗りになって気絶するまで殴りつける

    チンピラの喧嘩でももう少しまともな戦い方をするだろう

    というか相手の魔術師がほとんど魔術を使ってこなかったように思えたのが意外だった

    もしかしたら戦闘用の魔術を保有していなかったのかもわからない

    「お疲れ様です

    見事な泥仕合でしたね」「無駄に疲れましたよ・・・でもこれで相手も少しは油断してくれたかな・・・?」康太の目的は相手を油断させること

    下っ端の下っ端、使い捨てにされるような魔術師相手に苦戦しているような相手ならば本丸が動く必要はないと思わせる事こそ康太の考えている作戦だった

    実際相手が全員こちらにやってきて戦闘したほうが物事としては早く進むのかもしれないが、相手の中に実力者がいるのがわかっているのであれば可能な限り各個撃破という形に持ち込みたい

    その為には相手に実力者が出る必要性を感じさせなければいいのだ