闇 カジノ 名古屋

闇 カジノ 名古屋

調香の魔物は、とても美しい

朝焼けの色の羽と、黄金の瞳を持っている、うら若い青年の姿をしている

雨だれの声を持ち、木漏れ日の微笑みで、どんな人間の心も寛がせてしまうのだと言う

ネア、ネア

君は時々、あまりにも自然に背を向けて、ふわりといなくなりそうな気がする

その時にさえ微笑んで、この手を振り切ってゆきそうな気がする

調香の魔物が死んでしばらくしたある日、北の離宮に小さな小包が届けられた

奥に届けられるまでの検閲に少し時間がかかり、藍色の箱は角がくたびれていた

あなたも好きかも:カジノx 入金不要ボーナス
その箱に記された宛名の文字を辿り、懐かしい香りのそれを掲げて、ネアは寂しそうに微笑む

あなたも好きかも:グラブル カジノ 初心者
調香の魔物からの贈り物だった

その翌日、ネアが自分の生まれた世界について、少し話してくれた

こんな季節には南瓜頭の魔物が出るらしく、それが懐かしいのだそうだ

南瓜の魔物であればこの世界にもいるので、さっそく捕りにいくことにする

脆い南瓜の頭がすぐに崩れてしまうので、生け捕りにする力加減が難しい

夜までかかってようやく一匹を捕獲するのがやっとだった

「ネアが、僕を守ってくれたの

勇ましかったよ!」回廊沿いのサロンの一室で、ゼノーシュがそう話している声が聞こえてくる

今日はネアと一緒に街に出て、とても楽しいことがあったようだ