長崎 パチスロ

長崎 パチスロ

Bloggerの推奨事項:

  • てんほう 個室
  • 水戸黄門 ゾーン
  • バイオハザード スロット エピソード
  • リゼロ 朝一
  • パチスロ バジリスク 絆 しんどう じゅ つ
  •  ピーチの言葉に、シルヴィアがハッとした表情になった

     確かにシルヴィアの記憶でも、子供たちの多くはその種族の上位種だと記憶している

    「神々の子供は、上位種になる?」「そうとも考えられますが~・・・」 なぜかピーチは、その先を言いよどんだ

     シルヴィアもピーチの言いたいことが分かったので、あえてその先を促すことは無かった

    「・・・出来れば考えたくないことですわ」「・・・そうですね~」 珍しいことに、ピーチも沈んだ表情になっていた

     もし懸念していることが当たっていれば、現状彼女たちの目的は断たれることになってしまう

    あなたも好きかも:カジノ スロット ブラウザゲーム
     この件に関しては、思いついたことがあれば、その事柄を共有することになっているが、流石に皆に伝えることはためらってしまう内容だった

    あなたも好きかも:パチンコ アルバイト 実態
     とは言え、言わないわけにもいかないので、気が進まないとはいえ、言う事にする二人だった

    「何か新しいことがわかったの?」 何となく二人の雰囲気を感じ取ってか、そう聞くコレットは若干びくついていた

    「・・・どうにもよくない話らしいの?」 シュレインがなかなか言い出さない二人を察して、そう切り出した

    あなたも好きかも:ライズ スロット1
     二人を話しやすくするためでもある

     さっさと話した方がいいと判断したシルヴィアが、ようやく口を開いた

    「・・・神の子達は、上位種であることほとんどだと気づいたわ」「さすがに全員ではないですが、今まで調べられたところまでは、ほぼ全員でした~」「子が上位種・・・と、いうことは・・・そういうことか」 流石というべきか、シュレインは二人が言いたいことにすぐに気付いた

     その表情は、シルヴィアやピーチと同じように曇っている

    「ど、どういう事?」 一方まだわからないコレットとフローリアが顔を見合わせている

     その二人のために、シュレインがため息を吐きつつ説明した

    「子が上位種という事は、親もそうである可能性が高いという事だの」「あ・・・」 ようやく言いたいことが分かって、コレットとフローリアも顔を曇らせた

    「神と子を作るには、その相手は上位種でないと駄目という事?」「一言で言えば、そういう事ね」 残念ながら、この場にいる者達は、上位種とは言えないのだ

     そして、上位種など簡単になれるものではない