ダイナマイトキング スロット

ダイナマイトキング スロット

Bloggerの推奨事項:

  • ルパン 新台 導入 日
  • モグモグ風林火山天井狙い
  • バイオ ハザード スロット フリーズ
  • 北斗の拳スロット フリーズ
  • スロット オワコン
  • 体に当たりそうな部分は槍や盾を駆使して防御し、防御しきれない部分は外套が直接受け止めていく

    魔術によって物理エネルギーを蓄積する状態にある外套は康太の体に打撃を通すこともなく康太を難なく暴風雨の中心へと誘導した

    暗闇の中、さらに黒い瘴気に囲まれた空間でも、相手は康太が自分の下に突っ込んできたという事を理解したのだろう

    あなたも好きかも:換金所 パチンコ 場所
    周囲の廃材を操って攻撃しようとするも、康太はすでに相手の懐に入り込んでいる

    あなたも好きかも:パチンコ レンタル 施設
    この状況で範囲攻撃をすれば自分自身も巻き込みかねない

    あなたも好きかも:バタフライ・スタック
    そして何よりあの攻撃の中を突っ切ってきたという事実と、目の前に槍を持った魔術師がいるという視覚的な恐怖が相手の動揺を誘った

    こうなってしまえば、もう康太の思うつぼだ

    自らの槍を操り相手の脚部へと斬りかかり深刻なダメージを与えると遠隔動作の魔術を用いて魔術師を引き寄せ、再現の魔術を発動しその体に何十もの拳を叩き込んでいく

    体に何十発も拳を受け、その何発かが急所に命中したのか、魔術師は首を大きく前後させるとそのまま意識を失いその場に倒れ込む

    それと同時に周囲に舞っていた廃材が念動力による制御を失い、舞っていたスピードのまま周囲へと投げ出されていく

    主力と言えどこの程度かと康太は若干安堵しながらその場を後にし小百合の元へと走り出す

    康太がこのように比較的迷わずに行動できたのは事前に情報を得ていたのが大きいだろう

    ある程度対策をしてなおかつある程度予測できていたからこそ戦術を立てやすかった

    そう言う意味では情報量の違いこそが今回の戦いの大きな差だったと言っていい

    どの程度小百合が進んでいるのかはわからないが、あまり先に進んでいないことを祈りながら先程まで自分たちがいた道にやってくるとそこには数十メートルほど進んだ小百合が真理と共に歩いていた

    どうやら真理の方も早々に勝負をつけて戻っていたようだ

    「遅かったな