スロット 旋律 の ストラタス

スロット 旋律 の ストラタス

ルイーズが大切なことを言おうとしているのが分かったからだ

「まずひとり目はハイヴァーン大公ライノクス、もちろん国のトップだからね

あなたも好きかも:スロット 設定 癖
この国最高の槍術の使い手で、一声でこの国の竜騎士を束ねて自ら戦場に駆り出ることもある剛の者よ」 弓花は以前ジンライより聞いたことがある

その公王を槍術で超えることがジンライの目標の一つなのだと

「そしてふたり目は人ではないけど東の竜の里の長『神竜帝ナーガ』

最古竜の一体で本人の能力もさることながら、このハイヴァーンを含んだヴェゼル東域一帯の竜を統率している竜族の王様よ」 風音が頷く

風音たちはその竜に届け物をしに、遙々この地にやって来たのだ

「そしてもうひとりが竜の巫女長シンディ・バーンズ

彼女は竜騎士たちの騎竜の母のような存在だからね

あなたも好きかも:ガールフレンド スロット フリーズ
竜に愛され竜と共に生き続ける、いわば騎竜達の精神の支柱」「それ、ジンライさんの奥さんだよね?」 風音の問いにルイーズは笑って続きを口にする

「彼女を敵に回すってことはこの国の騎竜のすべてを敵に回すと言っても過言ではないわね

多くの竜の竜気を身に纏う彼女はディアサウス内限定でならば最強ともいえる存在よ」 そこまで聞いて、エミリィを除く3人はルイーズの言葉の意味を知った

あなたも好きかも:ラノベ オンラインゲーム
 そして全員が御者席のジンライをチラ見する

ヒポ丸くんの手綱を握っていて若干は落ち着いているが力なく俯く老人がそこにいた

「師匠、大ピンチじゃないですか!?」 弓花の言葉にルイーズは爆笑する

「そうなのよ

ジンライくんはそう言う人物を嫁にしちゃって、そして今怒らせてしまったというわけなのね」「ルイーズさん、嬉しそうだねえ」 今の話の流れならばルイーズも相当にヤバいのではと風音は思うのだが、ルイーズはまったく気にした素振りはなかった

 まったく平常運転のルイーズにため息をつきながら風音は道の先にやけに鳥が多いな……と思って見ていた