ミルキィアタック スロット

ミルキィアタック スロット

そしてふと目にした視線の先では、時計の針が午前4時30分を指そうとしていた

《サイド:御堂龍馬》「まだ、時間も時間ですし

少し休憩をとったほうがいいですね」話を聞き終えた鈴置さんが医務室の入口を示しながら淳弥達に話し掛けている

あなたも好きかも:カジノ 必勝法
「御堂先輩の体調を考慮して、今はお引き取り下さい」「ああ、そうだな」「まだ早朝だったわね~」「押しかけてごめんなさい」大人しく立ち去る淳弥に続いて、里沙と桃花も帰るようだ

「面会可能になったら、改めて連絡させていただきます」「ああ、頼む」「いえ

これが職務ですから

あなたも好きかも:マカオ カジノ レート
あと、千夏達はそろそろ入ってきていいわよ」丁寧な対応で淳弥達を退室させた鈴置さんは、部屋の外に待機していた同僚を室内に招き入れてからそっと扉を閉めてくれた

その様子を黙って眺めていると、戻ってきた鈴置さんが声をかけてくれた

「もう少し休んだほうが良いと思います

気持ち的にそんな気分ではないかもしれませんけど

今は睡眠をとることをお勧めします」「ああ、そうだね」眠ったほうがいいと言ってくれた鈴置さんに感謝しつつ、僕も問い掛けてみることにした

あなたも好きかも:スロット まどかマギカ 設定判別
「気を遣ってくれてありがとう

だけど、休息が必要なのは…きみも同じじゃないかい?」辛そうに見えるのは鈴置さんも同じだからね

鈴置さんも休んだほうが良いと思ったんだけど

鈴置さんは優しく微笑むだけだった

「大丈夫ですよ

私は…大丈夫です」心配しなくてもいいと言ってから、僕のすぐ側にある椅子に腰掛けてくれたんだ