天才バカボン スロット

天才バカボン スロット

タガグロはチロッとこちらへと舌をかわいらしく出して、目で笑う

酔っ払ってるのもあるだろうが、よくこんな無茶なこと考えるものである

あなたも好きかも:24 スロット
セイは何となく釈然としない顔をしながら「そ、そうか

闇の皇帝が結婚したっていえば、確かにそれは結婚だな……」と自分を納得させようとしている

いやお前一応、魔族国の一流大学の法学部に在籍してるんじゃないのか……

この話がおかしいってすぐに気付けよ

あなたも好きかも:スロット 回転 数 ランキング
これで納得してたら簡単に詐欺にあうぞ

とはいえだ……

「セイな

一応、俺とお前は結婚するが もしこの俺よりも良い男が見つかったら、いつでもそっちに行っていいんだぞ」 「な、なんてこというんだ!!タカユキより良い男とかいるわけないだろ!!  私は一生タカユキと居るよ!!」 苦笑いしながら、詰め寄ってくるセイから目をそらす

「セイちゃん、女を縛らんようにする、たっくんの優しさやで?」 俺の意図を察したタガグロがすぐにフォローを入れてくれる

そうなのだ

あなたも好きかも:スロット グランド オープン
このタガグロの半分詐欺染みた重婚作戦に乗る限り俺がセイを縛らないようにしておかないと、後々大変なことになりそうである