お題 スロット

お題 スロット

そなたらにも関係ではいられんじゃろうしな」「それって……どういう?」 目を丸くする風音に、達良が真剣な顔をして口を開いた

悪魔王ユキトの目的は、英雄王(たつよし)のものに近い

彼は元の世界に戻ろうとしているんだ」「戻る?」「正確には……新しく世界を生み出そうとしている

英雄王(たつよし)の失敗を知り、彼は恐らく自らで生み出すことを選択したはずだ」「どうやって?」「この世界と同様だよ」 達良が弓花をちらっと見ながらそう口にする

 ここは滅びた模倣世界を元に達良が再生させた世界だ

あなたも好きかも:ドラゴンクエスト6 スロット
ソレと同様ということがどういうことを意味するのか、風音は少し考えてから顔を青くした

「滅びた模倣世界……いや、それはここにあって、あっちが隔離されてるってことは」「ちょっと、どういうことよ?」「アナザーワールド、あちらの世界が滅びる?」 弓花の問いに答えず、風音が己の考えを口にすると、達良がコクリと静かに頷いた

あなたも好きかも:指 ブラックジャック
「手段はあるんだ

深淵の王、頂点の大魔王アバドン

あなたも好きかも:rpgツクール オンラインゲーム
ゼクシアハーツにおける最強のレイドボスの目的は世界を滅ぼすことだった

彼らはどうやらソレを呼び覚まそうとしているらしいんだ」名前:由比浜 風音職業:竜と獣統べる天魔之王(見習い)称号:オーガキラー・ドラゴンスレイヤー・ハイビーストサモナー・リア王・解放者(リベレイター)・守護者装備:風音の虹杖・ドラグホーントンファー×2・鬼皇の竜鎧・不滅のマント・不思議なポーチ・紅の聖柩(柩に飾るローゼ)・英霊召喚の指輪・叡智のサークレット・アイムの腕輪・白蓄魔器(改)×2・虹のネックレス・虹竜の指輪・金翅鳥の腕輪・プラチナケープ・守護天使の聖金貨・金色の蓄魔器レベル:59体力:205+35魔力:630+950筋力:132+70俊敏力:170+80持久力:91+40知力:135+10器用さ:125+10スペル:『フライ』『トーチ』『ファイア』『ヒール』『ファイアストーム』『ヒーラーレイ』『ハイヒール』『黄金の黄昏[竜専用]』『ミラーシールド』『ラビットスピード』『フレアミラージュ』『テレポート』『カイザーサンダーバード』スキル:『見習い解除』『無の理』『技の手[7]』『光輪:Lv2』『進化の手[8]』『キックの悪魔:Lv2』『怒りの波動』『蹴斬波』『爆神掌』『コンセントレーション:Lv3』『ゾーン』『戦士の記憶:Lv2』『夜目』『噛み殺す一撃』『犬の嗅覚:Lv2』『ゴーレムメーカー:Lv6』『イージスシールド:Lv2』『炎の理:三章』『癒しの理:四章』『空中跳び:Lv2』『キリングレッグ:Lv3』『フィアボイス:Lv2』『インビジブルナイツ』『タイガーアイ』『Wall Run』『直感:Lv3』『致命の救済』『身軽』『チャージ』『マテリアルシールド:Lv3』『情報連携:Lv4』『光学迷彩』『吸血剣』『ハイ・ダッシュ』『竜体化:Lv5[竜系統][飛属]』『リジェネレイト』『魂を砕く刃』『そっと乗せる手』『サンダーチャリオット:Lv4』『より頑丈な歯:Lv2[竜系統]』『水晶化:Lv3[竜系統]』『魔王の威圧:Lv3』『ストーンミノタウロス:Lv2』『メガビーム:Lv3』『真・空間拡張:Lv2』『偽銀生成』『毒爪』『炎球[竜系統]』『キューティクル[竜系統]』『武具創造:黒炎』『食材の目利き:Lv4』『ドラゴンフェロモン[竜系統]』『ブースト』『猿の剛腕』『二刀流』『オッパイプラス:Lv2』『リビングアーマー』『アラーム』『六刀流』『精神攻撃完全防御』『スパイダーウェブ』『ワイヤーカッター』『柔軟』『魔力吸収:Lv3』『白金体化』『友情タッグ』『戦艦トンファー召喚:Lv2』『カルラ炎』『魔物創造』『ウィングスライサー』『フェザーアタック』『ビースティング』『弾力』『イーグルアイ:Lv2』『ソードレイン:Lv4』『空中跳び[竜系統]』『暴風の加護:Lv2』『最速ゼンラー』『ソルダード流王剣術・極』『タイタンウェーブ:Lv2』『宝石化』『ハウリングボイス:Lv2』『影世界の住人』『知恵の実』『死体ごっこ』『ハイパーバックダッシュ』『ドリル化:Lv3』『毛根殺し』『ハイパータートルネック』『爆裂鉄鋼弾』『ウィングアーム』『Roach Vitality』『黒曜角[竜系統]』『空身[竜系統]』『神の雷:Lv3』『雷神の盾:Lv4』『Inflammable Gas』『神速の着脱』『触手パラダイス:Lv2』『ハイライダー』『リーヴレント化:Lv3』『DXひよこライダー召喚+:Lv3』『ミラーシールド』『由比浜 風音:Lv3』『硬化』『極限耐性』弓花「アバドン、そういえば昔……ゆっこ姉がそんなことを言っていたような」風音「あんま昔の話だと忘れちゃうよね

私は最近その名前を聞いたけど」弓花「どこで?」風音「えっと……夢で?」弓花「あんた、夢の中でもゲーム三昧なのね」風音「それはちょっと誤解……いや、そういう夢なら普通に見たいけど」

「以上がユミェス様の周囲で起きたことの顛末です

チサンテ様」 ユミェスの派閥に属していた貴族達が一斉にユミェスを裏切った

人を従える上で恐怖を利用し、蜜を吸わせることが悪いわけではない

だがユミェスは吸わせる蜜に毒を含ませ過ぎたのだ