麻雀ゲーム 理不尽

麻雀ゲーム 理不尽

 そして、考助はその場で頭を抱えた

「・・・・・・確かに、その可能性はあるね

というか、今まで考えつかなかった自分が恨めしい」「そうですね

私もまったく思いつきませんでした」「いや、私もこの場に来て、スライムを見て思いついただけだからな」 考助とシルヴィアが感心するのを否定するように、フローリアが首を左右に振りながら答えた

 実際、何となく思いついただけで、考助に聞かれなければ、軽くスルーしていたかもしれない

 考助やシルヴィアの思考に上らなかったのも、思いつかなかったというよりは、当たり前のことすぎたのだ

あなたも好きかも:新潟 スロット 優良店
 それくらいに、考助たちの中では、スライムの評価は格段に上がっているという証拠でもある

 頭から手を外して顔を上げた考助は、コウヒとミツキを見た

「で? 実際はどうなのかな? 狩っている間に何か気付いたことはなかった?」 考助からそう聞かれたコウヒとミツキは、同時に顔を見合わせて首を左右に振った

「残念ながら私たちが狩りをしているときは、空を飛んで狩っているから、海の中までは分からないわね」「そうですね

あなたも好きかも:ビッグ・バッファロー・メガウェイズ
少なくとも空からは、スライムがいる姿を見つけたことはありません」 コウヒもミツキも海の中で、長時間もぐって活動することは出来る

あなたも好きかも:スロット art
 ただ、それでもやはり、海の中では行動が制限されるので、基本的には海上で狩りをするようにしているのだ

 コウヒとミツキの答えを残念そうな顔になって聞いた考助は、楽しそうに話をしている(?)リンとスーラに向けた

「仕方ない

スーラに聞いてみるか」 この場合、仕方ないというのは、折角の話し合いを邪魔することになるという意味での仕方ない、だ