戦国 パチスロ 花 の 慶次

戦国 パチスロ 花 の 慶次

なんでもいいからとにかくポジティブな感情を全部吐き出していく

そんな僕を見て流石に様子が変だと気付いてしまったのだろうか、王様は少しだけ怪訝な表情で首を傾げていた

「今日の其方は随分と早口……そう、淡白だのう

あなたも好きかも:ぱちんこ 溝の口
いつも感情優先で一つの出来事に一刻掛けるくらいの気概で居ると感じていたが

なんだ、王都は肌に合わなかったか」「いっ⁈ いえいえっ⁉︎ この街は……この街も大好きですっ! なんていうか……人を守る仕組みに関しては今まで見た街や村とは一線を画すというか、とにかく徹底しているというか

王様の言っていた国造り……頑丈で安全な家というのが現れているようで……」 そうか

ならばよかった

とだけ、王様はそう言って頷くと、僕から櫂を取り上げる事なく話を続けさせてくれた

あなたも好きかも:モンスト スロット
これは……ううぐぐ……バレてる……かな

何かあったんだと、どうしても平常でいられない都合があると悟られてしまった

出来るだけ気付かれないように頑張りたかったけど……やっぱり僕って顔とか態度に出るんだなぁ

はあ……マーリンさんにちゃんと教えておいて貰って治しておけばよかった

面白いからとか言って絶対手伝ってくれなかっただろうけど

あなたも好きかも:田原市 パチンコ ダイゼン
「…………すみません、今から少し暗い話になります

その、王都が楽しくなかったわけではないと、嫌な思いをしただけではないと先に伝えておきたくて……」「気遣いは無用だと言っておろうに

無理のない範囲で聞かせよ

特に其方は悪感情に飲まれやすい」 うぐ……王様にめっちゃ気使われてるな、僕