succubus dreamer save

succubus dreamer save

求めていたものを理解したかのように、涙腺はしっかりと訴えかけている

「テテュラちゃん……!」「わ、私は……」 止まらない涙を隠すように顔を覆(おお)うが、アイシアはダッと駆け寄ると、強く、優しく抱きしめる

「テテュラちゃん……」 抱きしめながら、ポンポンとテテュラの背中を優しく諭(さと)すように叩く

「そう……よ

あなたも好きかも:スロット k 1
貴女の……言う通りよ

私、私は……本当に欲しかったのは……これよ」「うんうん」「本当は……世界とか、差別とか……どうでも良かった

……私が欲しかったのは……これなのよ……」 テテュラはアイシアの胸の中で、今まで抱えてきた弱音を泣きながら垂れ流す

 本当は弱い女の子だったのだ

どこにでもいるただの女の子

「テテュラちゃん、私はずっと側にいてあげるよ

ずっと、ずっと……友達だよ」「アイシア……あ、ああ……ああああーーっ!!」 感極まったのか、テテュラは泣き叫びながらアイシアに縋(すが)りついた

あなたも好きかも:hit オンラインゲーム
 それを見ていた俺達も堪らず涙が零(こぼ)れる

あなたも好きかも:ゴットイーター スロット スサノオ
「テテュラさんが欲しかったものは友達、だったのね」「……正確には違うと思います