ブラックジャック 大塚明夫

ブラックジャック 大塚明夫

 眠っている間、夜が来て、冷え込んだのだろう

体温が下がりすぎているのが、考えずともわかる

あなたも好きかも:スロット 偽物語り
手足が冷え切っていて凍りついているように動かなかった

「なにをしている

あなたも好きかも:エピフォン カジノ マツモク
さっさと出てこい」「へ?」 セツナは、シルヴィールからの予期せぬ言葉に、軽い混乱を覚えた

彼女がなにをいっているのか、とっさには理解できない

が、顔を鉄格子に向けると、扉が開けられていて、出入りができるようになっていることがわかる

 シルヴィールに視線を戻す

鎧兜を身につけていない彼女の姿を見るのは初めてだった

市軍の制服らしい衣服はすっきりとした印象がある

元騎士隊騎士だっただけあり、鍛え上げられた肉体を持っていることがわかる

「市長が、おまえと話がしたいと仰せだ