ギャラクティック・ウィン

ギャラクティック・ウィン

私のお父さん!」「ヴェイク・キャナルといいます

娘がお世話になっています」「い、いえ

あなたも好きかも:バイオ ハザード 6 パチスロ
こちらこそお世話になってます」 アルビオ達のヴェイクの初めての印象は、落ち着いた大人な雰囲気の男性

「お父さんにも紹介するね――」 そう言って私はアルビオ君達を紹介した

「――わざわざ東から

長旅だったでしょうに

中で休んでいくといいよ」「休暇中に申し訳ありません、お邪魔して……」「いやいや

構わないさ」 アルビオのしっかりとした対応を先頭に、ヘレンの実家へと招かれた

あなたも好きかも:パチンコ 123 東雲
 家の中はゆったりとした雰囲気のお部屋

 技術大陸とまで言われるだけあって、東では見かけないような家具もちらほらと見かける

「おおっ! 凄いっスね、ヘレンパパ!」「私達の実家はもっと普通なのに……」「そんな大したことはないさ」 そう言いながら、紅茶の用意を進めるヴェイク

 それを見たユニファーニやルイスは、「おおっ! 家事もやられるんですね!?」「あたしの親父はあんなことしないよ

オシャレだねぇ」「そう? お父さんは割とするよ

ね?」「ああ、そうだね」「「ほえー……」」 これも北大陸の温厚な人柄が為せるものなのかと、感心させられた

 この世界では、男性が家事をすることはやはり珍しい

 テーブルを囲む皆に紅茶を運ぶヴェイクに尋ねた

「お母さんは?」「今、夕食の買い出しに……あっ」 しまったとアルビオ達をキョロキョロと見た