ブックオブシャドウ

ブックオブシャドウ

Bloggerの推奨事項:

  • ps4 オンラインゲーム 2017
  • フフルル
  • パチンコ の やり方 初心者
  • スロット エムズ
  • 化物語 スロット 攻略
  •  基地内を探索した結果、思った以上に実りがなかったことが分かったのだ

    銃や銃弾などの武器やバッテリー、汚染メーターに抑制剤などは大量に見つかったためにそれらはストックしたが、現状でそこまで必要なものでもない

    また、ゴーグルの類もこの場にはおいていなかった

    「うーん

    基地そのものはマシンナーズソルジャー専用みたいだし、さっきの事務室みたいなのぐらいしか人の住むスペースないし、微妙だな

    あ、本がある」 風音が管制室内の棚に置かれている本を手に取った

    あなたも好きかも:京都 スロット 珍古台
    「ふーむ」「姉貴、何見てんだよ?」 ペラペラと本をめくる風音に直樹が声をかける

    そして、後ろからのぞき込むと、その本の中身が見えた

    それは、金髪の女性が紐のような水着を着て海岸を走っていたり、犬に抱きついていたり、森で森林浴をしているような写真が大量に載っている本であった

    「そりゃ、グラビア本か」 目を細めて見ている直樹に気付いた風音は、本を閉じてから直樹へと向き合った

    あなたも好きかも:パチンコ ライター ビワコ 結婚
    「直樹……」「な、なんだよ?」 少しばかり身構えた直樹に、風音はスッと持っていた本を手渡す

    あなたも好きかも:パチンコ スポーツ館 弥平
    それから少しばかり微笑んで「私は理解のある姉だからね」と言って、そのまま去ろうとしたのである

    「ちょ、ちょっと待て、姉貴」「何? 返さなくてもいいよ

    うん」 風音が笑って、そう言葉を返した

     良い姉とは、弟がエロ本を持っていようとそれを笑って許してあげられる姉のことである

    さらにもっと上級の姉ともなれば、自らそうした本を弟に提供することすらもできるのだと風音は独自解釈をしていた